×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外資系企業の特徴

転職活動をしている人で語学を生かして働きたいと外資系の転職を考えている人は案外多いようです。実際にどのような特色が外資系企業というものはあるのでしょうか。資本比率、歴史、業種によって、ひとくちに外資系と言ってもその特長は変ってきます。外資系であっても日本の企業と性格はそう変わらないのが、日本の資本が大きい会社です。日本の資本と外資が共同出資している場合は合併会社と呼ばれています。

外資系の良さを求めて転職を考えている人は戦後日本に進出してきた外国資本が大きい企業を選ぶことをおすすめします。日本に進出してきて長い年数がたっている企業は中身はほとんど日本企業と化しているからです。同じ外資系でも出身国によってその特徴は異なってきます。物事の見方がヨーロッパ系の企業とアメリカ系の企業では違いがありますし、これからはアジア系の企業も増えるのではないでしょうか。

転職活動は、そのあたりも視野に入れて行うことが重要です。また日本の企業とまったく違うところがあります。それはその会社のトップの性格が経営に非常に影響するということです。転職しようとする会社の社長の理念やキャラクターについても、外資系の転職を考えている人はよくリサーチしなければならないでしょう。さまざまなところが、外資系への転職は日本企業への転職とでは異なります。外資系企業の特徴を、あらかじめよく調べて理解することから始めてみてはいかがでしょうか。

関連サイト


外資系企業に転職するメリット

外資系企業に転職するメリットというのはどんなことなのでしょうか。転職を外資系企業にするにあたって一番の良いところは経歴・学歴・性別・年齢などによる差別がないことだといえるでしょう。誰にでも実力さえあれば外資系企業への転職が可能であるといえるのではないでしょうか。女性管理職の比率は、外資系企業では日系企業よりはるかに高いのも特色だといえます。

仕事を頑張れば性別に関係なく昇進が可能というのが外資系企業の良いところです。外資系企業は昇給、昇進、降格などきっちり人事評価をするところです。外資系企業への転職のメリットは、自分が頑張った分だけその成果がわかりやすくあらわれるので、をそれを機会に自分の実力を正統に評価かしてもらえるということではないでしょうか。

大きなメリットとしては、年功序列型の日本企業と違って外資系企業に転職すれば若くても仕事ができる人であれば、責任ある役職について高収入を得られるということです。外資系企業は会社に迷惑をかけない限り、社員のプライベートにはいっさい干渉することはありません。ですから極端なことを言えば社内で不倫カップルが堂々とランチに行くこともできるというような話しもあるのです。

また上司にプライベートなことで呼び出されるようなこともありませんし、外資系企業は年功序列でない、名前を呼ぶときは肩書きではなく、さんづけで呼ぶなどの特徴があるせいか部下を怒鳴り散らすような上司や先輩はほとんどいないでしょう。他のメリットは、オフィスがキレイ、出張旅費に余裕があるなどがあります。転職を成功させるには、日本企業と外資系企業の違いを認識することがとても大切です。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 外資系企業への転職 All rights reserved.
- ホームページSOS -